靴下を履いて、足の保湿に気をつけよう

春・夏場は平気だけれど寒くなるに従って、足の裏がガサガサになるという方、いらっしゃいませんか?

 

この現象、夏は空気中に多くの湿度があるので、影響はなくても、秋や冬になり寒くなると、空気が乾燥してくるので、それにともないお肌も乾燥してしまうことから来ています。

 

ひどくなると、カカト部分にひび割れなども起きてきてしまうので、そうなる前に予防しておきましょう。

 

まず、特に乾燥がひどい人などは家や職場で素足で過ごしている人が多いです。

 

なるべく靴下を履いて、足の保湿に気をつけましょう。

 

すでにもうガサガサになってしまったという場合、尿素入りのクリームがオススメです。

 

なるべく早く、すでにガサついてしまった足を何とかしたい!という時は眠る前に、クリームを塗って、靴下を履いたまま眠ってみましょう。

 

何日間か続ければ、足の状態は随分と改善される筈です。

 

毎日クリームを塗ったり、靴下を履いて眠るのはめんどくさいな…という方にオススメなのが、ベビーフットパックです。

 

この商品は、液体式足パックで数十分間その液体に足を浸しておくと、数日後には足の皮がずるっと剥けて(比喩表現ではなく、本当に脱皮したみたいになって驚愕します)ツルツルの足裏にしてくれるという商品です。

 

ガサガサにカサついていた足裏が、あっという間にすべすべになる、嬉しい驚きが体験できるので、強い乾燥に悩まれている方には、ぜひ一度お試しを進めます。

 

ワンシーズンで一度やれば、しばらくはその足裏状態がたもてるでしょう。